長門国の少女
 本尊は、弘法大師が入唐された時、風波を鎮め大難を免れた霊仏である。貞享の始めに長門国青野という所の某の娘が西国順礼を深く志して、ひそかに家を出て、男女三十人余りと共に乗合船に乗った。海上で暴風に遭い、船を砕かれ、乗合船の人はほとんど残らず溺死したのであるが、この少女のみ不思議とその浦近くの伊崎という所に上がって、漁師に助けられ、親の家まで送ってもらうことができた。少女の両親は喜んで、その一部始終を尋ねた。娘が答えるには、「暴風に船を砕かれ、死ぬのを覚悟して、心に浮かぶまま『今朝見れば露岡寺』と念じながら、帆柱にしがみついていた」という。娘を家まで送った漁師が言うには、「私がその日の明け方寝ていたときに、戸をたたく者があり、誰かわからないが、魚がたくさん集まっているので、急ぎ磯へ行けというので、行ってみたところ、大風で魚はなく、この娘を見つけたのです」と語った。そこで、その仏力を尊んで、その漁師にお礼の品物を差し上げて帰した。本当に観音の霊験は著しく、『観音経』に、「若為大水所漂称 其名号即得浅処」とあるのに少しも違うところはない。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved