藤井安基
 安基は大和国賀留の里の人で、傍若無人な生活をしている者である。ある時、河内国平石の辺りで鹿を捕り、その山のお堂に入って仏具をまな板や薪にして、鹿肉を煮て食べていたところ、すぐに死んでしまい、火車に乗せられ、地獄におちた。童子が一人現われて、安基を地獄から救おうとしたが、獄卒どもが彼は仏道を穢した逆罪の者であるから救うべきではないと言った。しかし、童子が再び「安基が罪を犯した人であっても、彼は一度、私の住んでいる長谷寺を再建するための材木を引いた善根がありますから、速かに現世に返してください」と頼んだところ、すぐに生き返った。その後、安基は改心して南都に登り、行基菩薩の弟子となり、長谷観音を刻んだ霊木の余りを使ってこの尊像を造ったのであった。その話を、聖武天皇がお聞きになって、行基を以てこの寺の開山とした。安基の因縁で藤井寺といっても実は金剛寺という。本当に不思議な霊験を思い見ることである。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved