渋川佐太夫
 渋川佐太夫は河内出身の者である。一人子が大病にかかり、医術、薬、ありとあらゆる方法を尽くしても回復しなかった。父母は悲しみに耐えかねて、観音の功徳を一心に念じていたところ、突然、14、5才くらいの童が来て、子供の病を尋ねたので、その童に病平癒の加持祈祷を頼んだ。童が千手陀羅尼を読み教えたところ、子供がすぐに苦痛から免れることができたので、父は喜んで、童に財宝を布施したが、童はそれを全く受け取らず、ただ病人である子供の箸紙を取って、「私は紀州粉河寺の者です」と言って去っていった。その後、子供の病が全快したので、父は子供を連れて、童の居所をあちこち尋ね歩いたが、その居所はわからなかった。人のいない草庵に休んで、毎晩童の居所を考えていたところ、不思議と仏間に光明が輝いたので、驚いて近寄って見れば、千手観音の御手に子供の箸紙がかかっていたのであった。以前やってきた童はこの御仏であったのだ、と深く尊んで参詣していたところ、その噂が四方に広まり、ついに伊都郡の女が大信者となり、住居を御寺としたという霊験がある。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved