廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
よろづ世(よ)の願(ねが)ひをこゝに納(をさめ)おく 水(ミづ)は苔(こけ)より出(いづ)る谷汲(たにぐミ)

けさまでは親(おや)とたのみしおひづるを ときやおさむるミのゝたに汲(ぐミ)


十一面堂
 本尊十一面観音を安置する。建武元年(1334)に本堂を残し、兵火のため堂宇を焼失した。文明十一年(1479)諸堂を再建。現在の堂は明治以降の建立になる。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved