廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
おしなへてたかきいやしきそうぢじの ほとけのちかひたのまぬハなし


千手堂
 本尊千手観音を安置する。現在の堂は元禄十二年(1699)に再建されたが、中世の伝統を留めている。桁行七間・梁行七間、入母屋造、平入、本瓦葺、向拝一間。

開山堂
 現在の薬師堂。千手堂と廊でつなぎ、桁行三間・梁行四間、寄棟造、本瓦葺、向拝一間。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved