廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
かゝる世(よ)にむまれあふミのあなうやと おもハでたのめ十こゑひと声(こゑ)


正観音堂
 札所本尊聖観音を安置する。享保二十年(1735)に建立。桁行五間・梁行五間、入母屋造、平入、本瓦葺、向拝三間。正面一間通りの外陣を吹放しとする。内陣は桁行三間・梁行三間、両脇一間通りを脇陣。

二王門
 八脚門、入母屋造、本瓦葺、江戸時代初期に建立。門から境内を白壁の塀で囲む。


 現在の塔は寛政年間(1789〜1800)に建立。三間多宝塔、桟瓦葺。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved