廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
野(の)をもすき山路(やまぢ)にむかふ雨(あめ)のそら よしミねよりもはるゝ夕立(ゆふだち)


二王門
  三間一戸楼門、本瓦葺。上階に仏像を安置する。

茶所
 入母屋造。

千手堂
 本尊千手観音を安置する。現在の堂は元禄四年(1691)に桂昌院の助力により再建。桁行五間・梁行四間、入母屋造、平入、桟瓦葺(もとは柿葺)、向拝一間。背面に突出部を付け、来迎柱があり、須弥壇上に厨子を安置する。昭和三年(1928)に拡張工事を行っている。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved