第二十六番万松山円融寺[岩井堂]
埼玉県秩父市下影森348

宗派=臨済宗建長寺派
札所本尊=聖観音
開山=恵心僧都
開創年代=不詳


 現在、第二十六番と称している円融寺は、宗猷大光(1508年寂)が創建した。それが、いつのころか札所観音の管理に乗り出し、江戸時代には別当寺となっていたもので、今では奥の院とされている山頂近くにある観音堂が、長享二年(1488)当時に第六番札所だった岩井堂である。
 別当の円融寺本堂は、間口八間の大きな建物で、札所本尊の他、鎌倉時代の作とされる勝軍地蔵を祀る。また、堂内には、明和五年(1764)奉納の鳥山石燕筆「景清牢破り」の額や、安永五年(1775)石燕の門人十三歳石中女筆と記された紫式部の石山秋月の絵馬などが掲げられている。
 円融寺から昭和電工工場の敷地を通って、太子堂の左から石段を登ると、仁王門の跡や、小庵が建てられるぐらいの空地がある。岩洞を背にした観音堂は、懸崖造の美しい建築で、札所本尊は管理の都合のため円融寺の本堂に移されているが、現在も多くの巡礼が参拝している。
 縁起によると、弘法大師が当地に巡錫して、岩の上に護摩壇を設け、二十一日間修法したとされる。後に、恵心僧都が霊異を感じ、里人とともに堂宇を建立して、自作の観音像を安置した。さらに、秩父太郎重弘は、この観音を篤く信仰して堂舎を再建、代々の子孫が崇拝した。また、仏国禅師は、当地の閑寂を愛して、禅定に入ったとされる。
 弘法大師の護摩壇石や、仏国禅師の坐禅石などが、山内に現存する。正徳四年(1714)の銘がある銅造聖観音坐像や、天狗を祀る祠などもあって、江戸時代から変わらない姿を留めている。
 

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved