第十一番南石山常楽寺[坂郡]
埼玉県秩父市熊木町43−28

宗派=曹洞宗
札所本尊=十一面観音
開山=行基菩薩
開創年代=不詳


 縁起によると、行基菩薩が関東巡錫の折、当地の巌上に十一面観音を感得。その姿を刻んで壇を設け、安置したという。また、『秩父回覧記』によると、天照大神・春日明神・八幡大菩薩・妙見大菩薩・蔵王権現と名乗る五人の老翁が守護していたクスノキで、行基菩薩が十一面観音を刻んだとされている。
 『新編武蔵風土記稿』には、「彼の影向の巌、今現に当山の頂にあり」と記されている。しかし現在では、セメント工場の採掘などにより、地形が変化したため、影向の巌を確認することはできない。現在の境内は、秩父市を一望できる中腹に位置している。
 札所本尊について、『長享二年秩父観音札所番付』には正観音と記されており、いずれかの時代に尊格が変更されたものと考えられる。また、長享二年(1488)当時は、第二十八番札所であり、第二十七番大慈寺から尾根づたいに巡礼して、第二十九番明地に向かうのに合理的なので、現在地とほぼ変わらない位置に祀られていたのだろう。
 永禄十二年(1569)武田勢侵入の時に火を掛けられ、近くは明治十一年(1878)の秩父大火で焼失。その間には、観音堂が大破したため、享保四年(1719)に江戸湯島天神へ出開帳した記録が、『松本家御用日記』にある。
 別当の常楽寺は、開山を実門とするが、開創年代は不明。大宮町の裏にあったが、元文年間(1736〜41)に火災にあい、観音堂の場所に移転した。江戸時代末までは、唯一の天台宗の札所であり、その名残として元三大師が安置されている。明治初年に廃寺となり、曹洞宗に改宗復興した。
 

朱鷺書房蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved