第六番向陽山卜雲寺[荻野堂]
埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1430

宗派=曹洞宗
札所本尊=聖観音
開山=行基菩薩
開創年代=不詳


 武甲山は秩父の象徴である。日本武尊が甲を納めたことに由来するといわれ、三峰山、両神山とともに秩父三山の一つとして信仰されている。山頂に熊野権現社を有する修験の山で、かつては多くの修験者が住んでいた。秩父を巡礼していると、各所で武甲山が眺められるが、荻野堂からの景観が最も素晴らしく、高台にある本堂から正面に、雄々しい姿を望むことができる。
 天明元年(1781)『武州秩父郡札所第六番荻野堂本尊並開基縁起』によると、本尊聖観音は武甲山熊野権現社に祀られていた。行基菩薩が当地に巡錫した時、武甲山に住む山姥を、熊野権現の験力で捕まえて、松の木に藤蔓でしばった。しかし、これを哀れんで、山から退くことを条件に解き放った。山姥は起請のために、歯を三本抜いて差し出したので、行基は本尊を刻み安置したという。この時の山姥の歯は、『荻野堂縁起絵巻』一巻とともに、寺宝として現存している。
 後に、とが池の大蛇を退散させるため、村人が祈願したところ、霊験があり、大蛇は現れなくなった。そこで、池を埋め立てて武甲山の観音を移し、草堂を建立して荻野堂と称するようになったといわれる。
 武甲山に安置された観音は、長享二年(1488)当時、山を下りて、とが池と呼ばれるところに祀られ、第三十番札所となった。江戸時代に入ると、宝暦十年(1760)に上苅米の別当寺境内に移された。
 別当の卜雲寺は、江戸時代初期に、越生郷龍隠寺の撫州春道が、地元の島田与左衛門を開基として開創した。本尊には、薬師如来を安置している。

朱鷺書房蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved