法師
 菅笠、胴蓑をつけ、茶色の法衣を着る。

右側の男性
 白と黒の市松格子柄の着物に、青の帯を結んで上締を締める。黒の腹掛に、青の下帯をする。頭には鉢巻きを巻く。足元は黒の脚絆を付け、藁草履を履く。

中央の男性
 蛸絞りの着物に、黄色の帯を締める。着物の裾から黄色の下帯がのぞく。首に薄青色の手拭いを巻く。手拭いと同色と脚絆を着け、足元は藁草履を履く。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved