楠正成
 白い着物を二枚重ねた上に、茶色の地に菊と唐花文の着物を着る。その上に、青地に白色で菊水模様が大きく描かれた長裃を着ける。肩衣の方に胸紐がつく。菊紋入りの石帯に花の模様のついた漆製の行器(ほかい)に坐る。立烏帽子(たちえぼし)を被る。

左側の男性
 元服前の前髪姿。紺色の三重襷紋(みえだすきもん)と茶色の観世文様を地模様とした上に大きく菊水を描いた、直垂の一種である大紋と長袴を着ける。菊紋入りの石帯(せきたい)を結ぶ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved