豊島権守の娘
 赤の地色に大柄の牡丹が描かれた振袖の中に、赤い襦袢がのぞく。黒地の唐花模様のだらり帯を締め、赤色の帯締を締める。菊花をあしらった簪(かんざし)などの髪飾りを挿す。

櫂を握る女性
 編笠を被り、簪(かんざし)を挿す。麻の葉模様の襟を付けた赤の襦袢に、濃緑色の着物を重ねる。その上に緑色の地に四つ菱文様七宝繋ぎの着物を着る。裾・袖口に(ふき)が付く。着物と同色の亀甲文の帯を結び、赤色の帯締を締める。おはしょりの下に扱きを結ぶ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved