畠山重忠
 茶筅頭(ちゃせんあたま)を元結で結ぶ。黒襟の付いた濃緑の地に亀甲文様の着物の上に赤い袖なし羽織を着る。同色の腰紐と襦袢の襟が見える。紗綾形(さやがた)の地模様に唐花文の入った袴を付ける。足元は黒足袋、草履をはく。腰刀を差し、弓と矢を持つ。白馬には青の無地の布がかけてある。馬の下鞍には黄緑の地色に黄色で青海波文様を描く。

本多次郎親常
 茶筅頭。無地の着物の上に、茶色の地に爪菖蒲(つましょうぶ)柄の着物を着て、緑地に爪菖蒲柄袴を股立ち風に着る。袴と裾から、東絡げ(あずまからげ)にした着物がのぞく。足元は素足に藁草履を履く。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved