異国の美人
 沙綾形(さやがた)の地模様に唐花文が配された青い着物を着る。卍崩し(まんじくずし)の付いた袖口からは、赤い着物がのぞく。竪縞の扱き帯(しごきおび)を前で結わえ、腕には、雲珠文(うずもん・うんじゅもん)の領巾(ひれ)を掛ける。髻(もとどり)に髪飾りをつけ、耳の脇で髪を二つに束ねる中国風の髪型に結う。

熱田の社人
 折烏帽子を被り、唐花や草花文様の緑の狩衣に、青の指貫(さしぬき)を着ける。中啓(ちゅうけい)を持つ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved