龍女
 白浄衣の上に、緑の千早(ちはや)とおぼしき着物を着ける。腰は紐で結わえ、前に長く垂らす。白浄衣の袖からは赤い着物がのぞく。足元には裳裾が長く出る。これを「おめり」もしくは「おめらかし」と呼ぶ。髪型は垂髪で、雲形の髪飾りを挿す。

右の女性
 首に布を巻き、その上から三角巾の布地で肩を覆うように掛ける。緑の地色に朱の唐花文をあしらった唐服を着る。青の紐で蝶結びにし、垂れ下がったところをもう一度結ぶ。髻(もとどり)に髪飾りをつけ、耳の脇で髪を二つに束ねる中国風の髪型に結う。唐団扇を両手で持ち龍女の頭上にかざす。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved