郡司
 沙綾形(さやがた)の地模様の入った赤い着物の上に、青の蟹牡丹(かにぼたん)模様の射籠手(いごて)を付ける。射籠手とは、袖に弦が当たるのを防ぐための弓装束である。背中に弓矢を容れる靫(うつぼ)を負い、腰には熊皮の行縢(むかばき)を付ける。これは、狩猟の際に腰から膝・脚の前面を覆うためのものであり、紐で結わえて装着するものである。袴には、沙綾形・亀甲・蟹牡丹などの文様が横縞柄として用いられている。足元は、黄色の足袋に藁草履。

右側の男性
 黒の襟がついた茶色の袷着物、無地の帯を締める。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved