重忠
 立烏帽子を被り、扇子を持つ。模様の入った直垂に袴姿で、草履を履く。大きな柄模様が入っていることから、これは直垂の一種の大紋とも考えられる。

供の男性(左)
 小袖、裃姿。

供の男性(右)
 黄色の着物を着ける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved