鬼女
 朱の裏地の付いた、鱗柄の肌着を着る。鱗柄は、常人でないことを暗示するものである。茶色の裏地の付いた、大柄の花模様の着物の両肩を脱ぎ、黄色の幅広の紐を腰で結ぶ。裾から蛸絞りの着物がのぞく。足元は素足。

赤ん坊
 額髪を目の辺りで、髪を肩の辺りで切り揃える。麻の葉模様の赤い着物を着る。

男性
 黒襟の付いた茶色の着物の上に、紺の合羽を着る。絡げた裾からは、薄青色の裏地と半股引が見える。男帯の上に、縞柄の上締を締める。三升格子柄(みますごうしがら)の風呂敷を背負い、足には黒の脚絆を付ける。足元は、黒足袋に藁草履。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved