鼠色の着物、同色の行灯袴(あんどんばかま)に手巾(しきん)を締め、墨染めの法衣を着る。網代笠を背に掛け、袈裟文庫とおぼしきものを首に掛ける。袈裟文庫とは、僧衣等を収めるものである。鼠色の脚絆を付け、足元は同色の足袋に藁草履。

犬となった息子
 格子柄の入った青い着物に、丸絎帯を締める。襟元からは黒襟の着物が、袖口と裾からは赤い裏地の付いた着物がのぞく。足元は素足。

女性
 薄青色柄の襦袢に、黒襟で色が青の着物を重ねる。幸菱文様の帯を前で結び、抱え帯をする。足元は素足。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved