八幡宮
 冠を被り、白の直衣に、丸格子柄の緑の指貫を着ける。足袋、赤い浅沓を履く。爪先に黒く見えるのは、足を乗せる半舌鐙(はんしたあぶみ)である。


 鞦(しりがい)には辻総(つじふさ)が飾られ、首にも辻総が付けられる。顔面に面繋(おもがい)、腹部分には下鞍が掛かっている。

左の邪神
 首に肩衣を巻き、袴の上に腰衣を着ける。毛皮製の胸甲、黄色の袴(こ)に、脛甲(けいこう)と沓を着ける。

中央の邪神
 筒袖になった赤い着物の上に、肩甲と胸甲を付ける。腰には、腰甲、裳、毛皮状の袴を着ける。

右の邪神
 肩衣を巻き、腰甲、裳を着ける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved