寺尾村の孝子
 白の丸紋の付いた緑の着物を着る。裾からは、薄青色の半股引と黒の脚絆がのぞく。肩から風呂敷包みを掛ける。

童子
 唐輪髷を結い、青襟の着物の上に、輪宝文(りんぽうもん)の振袖を着る。指貫袴(さしぬきばかま)に東絎帯(あずまくけおび)を締める。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved