巫女
 緑地の小葵文様の千早(ちはや)を着て、扱きを胸前で結ぶ。袖に括り紐のついた白浄衣を着る。襦袢の襟には、紗綾形(さやがた)の地模様が空摺(からずり)されている。緋色の袴を着け、足袋を履く。

大太鼓をたたく男性
 折烏帽子を被り、格子柄が空摺(からずり)された狩衣を着る。中に横縞の入った熨斗目(のしめ)小袖を着て、袴を着ける。縄敷(つなしき)に坐る。

右の人物
 黒襟の襦袢に、四つ菱文の紋付きの緑色着物に裃を着ける。

左の人物
 茶色の着物に裃を着ける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved