林太郎定元
 茶の襦袢の上に、紺の地模様の入った紋付きの着物を東絡げ(あずまからげ)にして着る。帯の上に上締をする。上締と同色の脚絆を付ける。足元は、足袋に藁草履。


 白襟の付いた赤い襦袢の上に、茶色の着物と、濃青色の地に藍色の模様の入った紋付きの着物を重ねる。唐花亀甲文の帯を赤の帯締で締め、麻の葉柄の扱きを結ぶ。足元は足袋に草履。襦袢の襟には、紗綾形(さやがた)の地模様が空摺(からずり)されている。

子供
 髪型は芥子で盆の窪に毛を残す。模様入りの着物に赤色の帯を結ぶ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved