圓比丘
 青い襟を付けた赤い襦袢の上に、薄墨色の着物を着る。手巾(しきん)を締めていることから、着物は法衣であると考えられる。頭巾を被り、素足に下駄を履く。右手に数珠、左手に棕櫚(しゅろ)の団扇を持つ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved