堅田の商人
 編笠を被り、青と黒の竪縞の丸合羽を着る。丸合羽は道中着の一種で防寒、防雨用の外衣である。江戸時代には縞木綿に紺絣の裏をつけるのが一般的であった。丸合羽の中に格子柄の着物を着、黒色の手甲を付ける。素足に藁草履。

馬をひく男性
 ほおかむりをし、筵を身体に巻く。筵の下に肌着を着ける。素足に藁草履。


 「仕合」とも読める文字を染め抜いた腹帯を掛ける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved