武田信玄
 黒地に五弁の唐花文の小忌衣(おみごろも)を着て、胸前で華鬘紐(けまんひも)を結ぶ。小忌衣とは、襟の後ろに大きな襞をとった上衣のことで、公家や武将などの高位の人物の部屋着として用いられるものである。また、歌舞伎にも取り入れられた。この小忌衣の下に薄青色の着物を着て、さらにその下に白い着物を重ねる。鼠色の袴には、渦巻文様や唐草の連続した文様が描かれる。

石原宮内
 熨斗目(のしめ)小袖に鮫小紋の裃を着ける。小袖・裃とも花菱の紋がつく。左腰に脇指を差す。

若い男性
 小姓姿。市松文様の熨斗目小袖に、青の地色で松皮菱文の裃を着ける。小袖・裃とも枝梅文様が描かれる。左腰に脇指を差す。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved