高野氏の娘
 黒襟の付いた、菊柄模様と丸輪文を染めた着物の下から、黄色の地に茶色の升文繋ぎ(ますもんつなぎ)を抜いた着物と赤い襦袢がのぞく。右脇で帯を結ぶ。白足袋に草履を履き、口に手拭いをくわえる。

天女
 上半身には、紺地に白の雲珠文(うずもん・うんじゅもん)の付いた条帛(じょうはく)を、下半身には、腰回りに襞の付いた裳を着ける。腕に掛けた緑の領巾(ひれ)には、黄の雲文様が描かれる。頭部に宝冠、胸元に瓔絡(ようらく)、手首に腕釧(わんせん)を付ける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved