門海
 白の着物を数枚重ね、帯を締める。頭巾を被り、茶系統の袷着物を膝に掛ける。模様入り座布団に坐る。

金剛神
 数種類の文様が描かれた裳を着ける。腕釧(わんせん)と足釧(そくせん)をはめ、領巾(ひれ)を掛ける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved