儒士
 着物の袖口と裾は、橙色の(ふき)になっている。青の無地と花菱繋ぎ柄を交互に染めた袴を着け、黒足袋を履く。

老僧
 首には縹帽子(はなだぼうし)、法衣と指貫(さしぬき)を付ける。中に沙綾形(さやがた)の地模様の入った着物を着る。縹帽子は晴れの儀式の際につけるもので、天台宗では頭に、高野山真言宗では襟巻きのようにして付ける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved