旅僧
 編笠を被り、墨染めの法衣を着る。中に青の着物を二枚重ねる。白色の手甲、脚絆を着け、足袋に藁草履。両手で杖を握る。

右側の男性
 翁格子の着物、右肩袖を脱ぐ。模様入りの腹掛に下帯を着ける。柄物の脚絆を着ける。前身頃の下には、別の生地がのぞく。左手に渋団扇、右手に棒を持つ。

中央の男性
 緑地に白の四つ花菱文様の着物の上に、紺地の袖無し羽織を着て細帯で結ぶ。着物の右肩はずり下がっており、袖や裾から茶色の裏地がのぞく。右側の男性と同じく、左手に団扇、右手に棒を持つ。足元は素足。

老女
 茶色の地に白い絣の入った着物を着て、緑の前帯に抱え帯を結ぶ。着物の下に蛸絞り(たこしぼり)の襦袢を着る。着物の左肩を脱いだ下には、黄色の着物が見える。緑の前帯の下に抱え帯をして、着物の裾を挟んで絡げる。左手に団扇、右手に棒を持つ。足元は素足に草鞋。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved