花園左衛門督長臣某の妻
 緑の地色に小菊総文様の着物を着る。小花模様を散らした青の帯を締め、扱(しご)き帯を結ぶ。膝下からは小菊文様の長襦袢がのぞく。素足に草履をはく。眉を剃り、御歯黒を付ける。


 大輪の菊を全体に散らした赤い振袖に、鹿子柄の長襦袢と紅絹(もみ)襦袢を着る。六弥太格子柄のだらり帯に赤い帯締めを締め、緑の扱きを垂らす。髪には花簪(かんざし)を挿す。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved