禅客
 白の着物の上に、墨染めの法衣を着て、焦茶色の袈裟を付ける。切株の上の引敷(ひきしき)に坐す。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved