女性
 白手拭いを姉様被りにし、鹿子絞り(かのこしぼり)を全体に散らした疋田染め(ひきたぞめ)の道中着を着る。着物の裾から肌着が、袖口からは襦袢がのぞく。足袋に草履を履く。

男性
 黒の手甲・脚絆を付け、黒襟つき濃緑色の合羽を着る。横縞柄の着物が合羽の下からのぞく。左に脇指を差す。

子供
 芥子坊(けしぼう)の髪型。(ふき)のついた藍染めの梅唐草柄の着物を着る。襦袢との間に懸襟(かけえり)をする。三尺帯を蝶結びにし、足袋をはく。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved