大棚禅師
 青の無地の法衣の下に、二枚の着物を重ねる。茶色の袈裟を濃青色の肩紐で掛ける。

鬼女
 万筋縞の着物には、袖口・裾・前帯が濃青色の縁が付く。袖口は袷の裏地、裾は(ふき)である。とは袷・綿入れの袖口や裾の裏地を表へ折り返し、表から少しのぞくように仕立てた部分で、ふき返しともいう。帯の下に結んだ格子柄のくけ紐は、着物を着丈にするために用いた抱え帯である。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved