龍女(りうぢよ)
 人皇(にんわう)四十四代元正天皇(げんせうてんわう)の御時(おんとき)此(この)山(やま)の麓(ふもと)の淵(ふち)より龍女(りうぢよ)現(げん)じて当山(たうざん)の絶頂(ぜつてう)へ夜(よ)な/\竜灯(りうとう)を捧(さゝぐ)るものから諸人(しよにん)ハあやしミ又ハ尊(たうと)ミて必(かならず)この岑(ミね)に仏(れいぶつ)あるらんと渇仰(がつがう)しけるに星霜(せいさう)をへて十余人(よにん)の順礼(じゆんれい)きたりて此(この)山(やま)の案内(あんない)をさせしに一つの岩屋(いわや)の口(くち)に小笹(をざゝ)生(おひ)茂(しげ)りてさながら戸(と)ざすがごとくなれバ衆僧(しやうそう)達(たち)押開(おしひら)きて見(ミ)れバ観音(くわんおん)の像(ぞう)巍(ぎゞ)々として立(たち)玉ふ則(すなハ)ち今(いま)の本尊(ほんぞん)これなり十余(よ)人の順礼(じゆんれい)ハ熊野権現(くまのごんげん)をはじめとして同行(どうぎやう)ハ貴(たうと)き権化(ごんげ)にましませり猶(なほ)後年(こうねん)にいたりて当山(たうざん)の住持(ぢうぢ)静山(じやうざん)和尚(おしやう)本尊(ほんぞん)の験(れいけん)にて命(いのち)助(たすか)りたるを圓通傳(えんつうでん)にくハしけれバ爰(こゝ)に贅(せい)せず

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved