畠山基国(はたけやまもとくに)の家来(けらい)内山源蔵(うちやまげんざう)
 当山(たうざん)ハ慈覚大師(じかくだいし)此処(このところ)に堂宇(だうう)を建(たて)給ふ時(とき)余多(あまた)の小男鹿(こをしか)来(きた)つて道(ミち)の案内(あんない)をせしゆへ小鹿坂(をがさか)といへり誠(まこと)に絶景(せつけい)の地(ち)にて験(れいげん)も又(また)あまたあるなかに畠山基国(はたけやまもとくに)の家来(けらい)内山源蔵(うちやまげんざう)ハ観音(くわんおん)をよく信(しん)じける時(とき)に大内介義弘(おほうちのすけよしひろ)の討手(うつて)を基国(もとくに)命(めい)ぜられけれバ源蔵(げんざう)も出陣(しゆつぢん)の役(やく)にあたり武門(ぶもん)の面目(めんぼく)とハいひながら七十にちかき老母(らうば)に離(はな)ることを深(ふか)くなげきけれバ老母(らうば)ハこれをいさめていふやう此守仏(このまもりぶつ)ハ秩父(ちゝぶ)音楽寺(おんがくじ)の御影(ミえい)なりこれを懐中(くわいちう)して母(はゝ)をおもふときハ南無大慈大悲(なむだいじだいひ)と唱(とな)へよと必(かなら)ず勝利(しゃうり)あるべしと渡(わた)しけれバよろこびて兜(かぶと)のうちにおさめ出陣(しゆつぢん)せし処(ところ)この守(まもり)のおかげにや危(あやう)き矢(や)さき剱先(けんさき)をのがれ終(つひ)に義弘(よしひろ)敗軍(はいぐん)におよび基国(もとくに)勝利(せうり)を得(え)て凱陣(かいぢん)のうへにて源蔵(げんざう)ハ功成(こうなり)名(な)とげて身(ミ)を退(しりぞ)き母(はゝ)もろともに出家(しゆつけ)となつて観音(くわんおん)を供養(くやう)せしになを験(れいげん)を蒙れりとなり
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved