八幡宮(はちまんぐう)の神鏑(しんてき)
 当所(たうしよ)ハ原(もと)八幡宮(はちまんぐう)の社地にて行基菩薩(ぎやうぎぼさつ)来(きた)りけるとき八幡宮勅(ちよく)して観音(くわんおん)の像(ぞう)を神木(しんぼく)もて作(つく)らしむ茲(こゝ)におゐてこの辺(ほとり)の邪神(じやじん)悪魔(あくま)ども仏地となれバ吾々(われ/\)が住(すむ)所(ところ)なしと大に怒(いか)りて各(おの/\)得物(えもの)を携(たづさ)へて虚空(こくう)を轟(とゞろ)かし火(ひ)を降(ふら)して暴(あれ)わたりけれバ八幡宮武甲山(ぶかうざん)におもむき玉ひて荒振(あれふる)神々(かミ/\)をうながし玉ひて邪神(じやじん)どもを追(おい)しめ給ふ時(とき)に八幡宮(ぐう)の放(はな)ち玉ふ御矢一々魔族をつらぬきて茲(こゝ)に落(おち)たるをもつて矢(や)の堂(だう)と号(なづ)け今に験(れいけん)あらたなることまゝあり
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved