壬生良門(ミぶのよしかど)の臣(しん) 林太郎定元(はやしたらうさだもと)
 東国(とうごく)無双(ぶさう)の勇士(ゆうし)壬生良門(ミぶのよしど)の忠臣(ちうしん)定元(さだもと)は主(しゆう)の剛悪(がうあく)を諫(いさ)めて家財(かざい)を没収(もつしゆ)せられ当所(たうしよ)に知音(ちいん)あれバ遙々(はる/\)爰(こゝ)に来(きた)りしところ其者(そのもの)ハはや失(うせ)ぬと聞(きゝ)て当惑(たうわく)このうへなく余義(よぎ)なくその辺(ほとり)の家(いへ)にたどりて労(つか)れを休(やす)らひけるうち妻(つま)は長途(ちやうど)の労(つか)れに身(ミ)の行さきをあんじてや終(つひ)に身(ミ)まかり定元(さだもと)かなしミにたへずやありけん三(ミ)日へだちて共に草葉の露(つゆ)と消(きへ)て跡に三歳(ミつ)の子(こ)を遺(のこ)しけるが空照(くうしやう)といふ沙門(しやもん)それを深くあハれみて養(やしな)ひ育(そだ)てよき武士(ぶし)に仕(つか)へさせんことを観音(くわんおん)に祈(いの)りけれバふしぎとある日(ひ)良門(よしかど)の(かり)に出(いで)たるに出合(であひ)これハしか/\なる者の子といへば良門(よしかど)歎息(たんそく)して吾(われ)忠臣(ちうしん)の定(さだ)元を失(うしな)ふことを後に悔(くや)ミぬ今より彼を林源太良元と名付(なづけ)て旧領(きうれう)を授(さづ)け父の功(こう)を賞(しやう)すなりと命(めい)じ両人(りやうにん)を館(やかた)に連(つれ)て厚(あつ)くもてなし自(ミづか)ら法華経(ほけきやう)を書写(しよしや)して定元(さだもと)夫婦(ふうふ)の菩提(ぼだい)の為その塚(つか)の傍(かたハら)に一宇を建(たて)て定元の性名(せいめい)をかたどりて則(すなハち)定林寺(ぢやうりんじ)とす其後(そのゝち)観音(くわんおん)を安置(あんち)して順礼(じゆんれい)の地(れいち)とハなれり
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved