武田信玄(たけだしんげん)の家臣(かしん) 石原宮内(いしハらくない)
 当山(たうざん)の験(れいげん)数多(あまた)あるなかに信玄(しんげん)の家臣(けらい)山形三郎兵衛(やまがたさぶろべゑ)の組下(くミした)なる石原宮内(いしハらくない)ハ常(つね)に観音(くわんおん)を信(しん)じ軍法(ぐんほう)にもくわしき者(もの)なりしが時田合戦(かつせん)のとき軍配(ぐんばい)をくり違(ちが)ひしにや進退(しんたい)わろきゆへ信玄(しんげん)大に怒(いか)りて忽(たちまち)備(そな)へを立直(たてなほ)して終(つひ)に勝利(しやうり)となりしが後日(ごにち)宮内某(くないそれかし)の備(そな)へにて負(まけ)にハならず信玄公(しんげんこう)の短慮(たんりよ)なりと人に語(かた)りしこと信玄(しんげん)の耳(みゝ)に入(い)り殊(こと)の外(ほか)に腹立(はらたち)て軍法(ぐんほう)の備(そな)へハたとへ陳平(ちんへい)張良(てうりやう)とて繰損(くりそん)じハあるものなれバ咎(とが)めも言付(いひつけ)ざるものをよしなき言葉(ことば)をもつて主(しゆう)に疵(きず)をつくる段(だん)不届(ふとゞき)なりこれによつて死罪(しざい)に定(さだ)めらる其日(そのひ)ハ既(すで)に十七日なれバ宮内(くない)は他念(たねん)なく観音(くわんおん)を信(しん)じて翌日(あす)御縁日(ごえんにちに)死(し)ぬことせめてのたのみと覚悟(かくご)してけるにその夜(よ)信玄(しんげん)の夢(ゆめ)に十歳(とを)ばかりなる小坊主(こばうず)来(きた)りて吾(われ)は今宮(いまミや)のもの宮内(くない)をひとへに助(たす)け給へとあれバ仏勅(ぶつちよく)を感(かん)じて急(いそ)ぎ山形(やまがた)に命(めい)じて助(たす)けしのみならず近習(きんじゆ)へ召出(めしいだ)して恩賞(おんしやう)を賜(たまハ)りしこと誠(まこと)に有(あり)がたき験(れいげん)なり
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved