火災(くわざい)の利益(りやく)
 当所(たうしよ)ハ日本武尊(やまとだけのミこと)東国(とうごく)を征(せい)し給ふ時(とき)御旗(おんはた)を建(たて)給ふ所(ところ)なれバとて旗(はた)の下(した)といひつるを今いひあやまりてはけの下(した)といふ当寺(たうじ)のいまだ建(たゝ)ざる古(いにしへ)より此所(このところ)仏意(ぶつい)に叶(かな)ふ地(ち)なれバ常(つね)に紫雲(しうん)たなびきて天(てん)より曼陀羅華(まんだらげ)を降(ふら)して音楽(おんがく)の響(ひゞ)き絶(たへ)ざる場(れいぢやう)なりしとかやさて験(れいげん)あまたあるなかにいとも有難(ありがた)きハ此(この)大宮町(おほミやまち)の高野氏(かうのうち)の娘(むすめ)江戸(えど)中橋(なかばし)なる某(なにがし)に嫁(か)したるが明暦(めいれき)丁酉(ひのとのとり)の年(とし)正月十八日の大火災(だいくわざい)のせつに万死(ばんし)をまぬかれて一生(いつしやう)を得(ゑ)しことその頃(ころ)の板行(はんかう)になりし空穂猿(うつぼさる)といふ冊子(さうし)にくわしく出(いで)たるとなれバ爰(こゝ)に贅(ぜい)せず
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved