唄念仏(うたねんぶつ)
 当寺(たうじ)の本尊(ほんぞん)は恵心僧都(ゑしんそうづ)の作(さく)にして又(また)弥陀(ミだ)の三尊(さんぞん)もあり 今(いま)はむかし兵乱(へうらん)屡(しば/\)おこりて神社(じんしや)仏閣(ぶつかく)も廃衰(はいすゐ)せしとき一人(ひとり)の旅僧(りよそう)来(きた)りて里人(さとびと)にむかひて当寺(たうじ)の詠哥(えいか)ハ何(なん)といふと聞(きゝ)けれバ取(とり)あへず大音(だいおん)に節(ふし)をつけて唄(うた)ひおハりてかくの如(ごと)く面白(おもしろ)くむかしハうたひて順礼(じゆんれい)せしとおしゆ旅僧(りよそう)悦(よろこ)びてあらかしこしその順礼哥(じゆんれいうた)ハ他(た)に勝(すぐ)れたれバ忘(わす)るゝことなかれ最早(もはや)兵乱(へうらん)もしづまりて太平(たいへい)に復(ふく)し永(なが)く仏乗(ぶつじやう)起(おこ)る也としめして失(う)せ給ふは是(これ)円通大士(ゑんつうだいし)の応化(おうげ)に在(ましま)せバ間(ま)もあらず泰平(たいへい)となりて繁昌(はんじやう)すること不思議(ふしぎ)の験(れいげん)なり
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved