花薗左衛門督長臣某(はなそのさゑもんのとくのちやうしんなにがし)
 平(しやうへい)の頃(ころ)当郡(たうぐん)末野(すゑの)の郷(がう)花薗(はなぞの)の城主(じやうしゆ)某(なにがし)左衛門督(さゑもんのじやう)の長臣(ちやうしん)某(なにがし)ハ放逸(はういつ)邪悪(じやあく)の者(もの)なりしが相馬(さうま)将門(まさかど)の謀逆(ばうぎやく)に与(くミ)して天慶(てんけい)三年官軍(くわんぐん)に攻(せめ)られて山林(さんりん)にしのひしが終(つひ)に死(し)す爰(こゝ)に一僧(いつそう)当寺(たうじ)の観音(くわんおん)を携(たづさ)へて其(その)辺(ほとり)に兵乱(へうらん)を避(さけ)て居(ゐ)たるがゆへ長臣(ちやうしん)の(なきから)を埋(うづ)む其後(そのゝち)平穏(おだやか)になりて逃去(にげさり)し土民(どミん)等(ら)ミな/\住家(すミか)に皈(かへ)るがゆへかの長臣(ちやうしん)の妻子(さいし)も縁家(えんか)に皈(かへ)りて夫(おつと)の行衛(ゆくゑ)を捜(さが)せしにかの僧(そう)死(しゝ)たることを語(かた)れバことにかなしミその塚(つか)に時々/\詣(まうで)けるうち縁家(えんか)の牛(うし)犢(こうし)を産(うミ)ぬこの犢(こうし)此(この)妻子(さいし)を慕(した)ふがゆへ一日(あるひ)かの塚(つか)へ牽連(ひきつれ)しに塚(つか)の前(まへ)に膝(ひざ)まづきて涙(なミだ)を流(なが)し人語(じんご)をもつて我(われ)ハ汝(なんぢ)が夫(おつと)なり悪心(あくしん)の報(むくひ)によつてかゝる牛(うし)となれり何卒(なにとぞ)妻子(さいし)ともに出家(しゆつけ)となりてこの観音(くわんおん)を供養(くやう)せバ必(かなら)ず得脱(とくだつ)せんといふより直(すぐ)に死(し)せり是(これ)によつてかの妻子(さいし)即座(そくざ)に髪(かミ)をおろして尼(あま)となり夫(おつと)の悪報(あくほう)を観音(くわんおん)に祈(いの)りしかバ終(つひ)に畜生(ちくしやう)を転(てん)じて聖衆(じやうしう)に生(うま)れしハふしぎの験(れいげん)なり
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved