幻通比丘(げんつうひく)
 当寺(たうじ)の本尊聖観世音(ほんぞんんしやうくわんぜおん)ハ行基(ぎやうぎ)の作(さく)にて霊験(れいげん)ことにあらたかにましませり寛弘(くわんこう)四年三月十三日書写山(しよしやさん)にて性空上人(しやうくうしやうにん)弟子幻通(でしげんつう)に告(つげ)ていはく武蔵国(むさしのくに)秩父(ちゝぶ)に行基(ぎやうぎ)開基(かいき)の観音(くわんおん)あれども東夷(とうゐ)の応機(おうき)はつせず怠転(たいてん)におよびしことを薩(さつた)霊鳥(れいちやう)を使(つか)ハしめて吾(われ)に示(しめ)せり然(しか)るによつて吾(われ)四万部(しまぶ)の妙典(めうでん)を誦(じゆ)するといへども今寂(いまじやく)に臨(のぞ)めバ趣(おもむ)くこと能(あた)ハず汝(なんぢ)予(わが)遺命(ゆいめい)をたがへず秩父(ちちぶ)に趣(おもむ)きて諸人(しよにん)を化度(けど)し跡(れいせき)の再発(さいほつ)を勤(つと)めよとあれバ其後(そのゝち)通(げんつう)当所(とうしよ)に来(きた)りて四万部(しまぶ)の供養塚(くやうづか)を建(たて)諸人(しよにん)を勧化(くわんけ)しけれバ仏恩(ぶつおん)を蒙(かうむ)る者(もの)あまたなれバ今(いま)に参詣(さんけい)の者(もの)絶(たへ)ず寺号(じがう)ハ供養塚(くやうづか)をかたどりて四万部寺(しまぶでら)といへり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved