楠正成
 昔、当寺は今の御堂より辰巳の方(南東の方角)、五丁ほど離れた八人峠という所にあり、この峠はいつの頃か八人の盗人が住んでいるという理由でその名がついたという。この盗人は、ついに行基の利益を受け僧となった。その後、一人の僧が訪れ今の場所に御堂を移し、長寿の霊験を受けた。
 楠正成は、広く観音を信仰するなかで、当寺は菊水寺と号すことから、家紋に縁があるとし殊に信じ、常に遥拝して武運を祈っていた。そうして赤坂の城に籠った時、急なこともあり兵糧が尽きたので、計略をめぐらし城が落ちる際、正成はただ一人、攻め寄せてくる軍勢に紛れて落ち行った。そして長崎四郎左エ門の馬屋の前を忍び通る時、敵が正成を見つけて「おまえは何者だ。役所の前を許可もなく通るとは」と、咎められた。正成は「私は大将の身内の者です」と言い、足早に行過ぎると、「怪しい者だ。取り逃がすな」と追手の者が近くから射かけた矢は、正成の肘にあたったが、痛みもおぼえず、その場をからくも逃れた。後日、肌身離さぬ『観音経』を開き見ると、「一心称名」の二句の間に矢の根が立っていた。これは不思議の霊験である。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved