豊嶋権守の娘
 当国豊島郡の住人である豊島権守の一人の娘が同郡の某に嫁いだ。ある時、この娘が父の里に赴こうとして船に乗ったところ、犀ケ淵で悪魚にみいられてしまい、水へ飛び込んだ。不思議にも一人の美女がその娘を助け、船に乗せて送ったので、従者たちは夢のようだと喜んで、「どなた様ですか」と聞いたところ、「私は石船山の者です。姫の父をはじめとして主従よく観音を信仰しているので、危機から助けたのです」と言って去った。
 この不思議な話を権守に告げたところ、随喜の涙を流し利益を尊んで、その恩のため諸所を順礼して、当山に来て御帳をかかげ拝した。すると不思議なことに娘の笠を被って、うやうやしく立たれていたので、感涙を流して三日三晩『般若心経』を書写して供養をされたのは、本当に「漂流巨海、龍魚諸鬼難、念彼観音力、波浪不能没」の経文のとおりで有り難いことである。今も本尊は、天冠の上に笠を被って、舟に棹をさしていらっしゃる尊像である。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved