郡司蛇身の報い
 昔、この村の者が急死して閻魔王の前に行ったところ、一人の武士を引き出して「この者を知っているか」という。よく見れば自分の村の領主の郡司という人で、生まれつきよこしまな人であるので、大変驚いて敬った。冥官が言うには、「この郡司は、娑婆で大悪を尽くし、特に地蔵の像を壊したことは無間地獄に落とすべき者である。しかし、鹿を追って橋立寺に至り、矢尻で一度、燈明の灯心を掻きだして灯火を明るくした功徳によって、長い年月の間その難を免れたけれども、これから蛇身の報いを受けて娑婆に出てくる。これを知らせるためにここに呼んだのである。早く帰りなさい」という声のもと、急死した者が蘇って、里人たちにこのことを語った。
 その頃よりこの霧の海という所に、悪龍が出て人や馬を喰うので、村人がこの堂に祈念したところ、御堂の中から白馬が出てきて、この龍に呑まれ、ついにその悪龍は悟りを得てとぐろをまいて石となった。その姿は今も洞中にある。それゆえにここを石龍山という。当山の奥の院は、日本に一、二を争うという霊窟である。 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved