行脚僧寳明
 宝明は諸国をめぐって当山に来たところ、難病によって足が不自由になった。その為やむを得ず起き臥しになり、西方を念じたり、飛ぶ鳥を見てうらやんだりしているうちに、ついに七年の歳月を送った。ある日、弘法大師が勅を受けて諸国を遍歴する折この地を訪れ、宝明が足を悪くして当国の順礼がかなわずにいるのを哀れに思い、観音の霊像を彫刻して与えると、宝明は歓喜踊躍して、この像を本尊に安置した。宝明をもって当山の第一祖としている。宝明の足が悪くなったのは全く観音の利益であり、弘法大師に会わせようとする為である。これは不祥をもって吉事をまねく霊験であり、不思議なことである。また当山に誓願石という霊石があるが、その因縁については長いのでここでは略す。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved