奥野の鬼女
 昔、久那の岩洞に鬼がこもっていると言われており、決して行き来する者がいなかった。その理由は、奥野という所に住む女房が極悪の者なので、身重の身でありながら一族に見放されて家を出され、この地の麓に住んでいたからである。女房は尚も悪計を重ね、荒川に投げ込まれたが、からくも命が助かり、この山深くに隠れ住み、一人の女の子を産んだ。そしてこの娘が十五歳の時に宿業が尽きて亡くなってしまった。娘はたいへんに嘆き、悲しんでいるところに、品のある女性が、手に花を持って現れ言うことには、「あなたの母親は死後、地獄に堕ちています。それを助けたければ観世音の御名を唱えて祈念しなさい」と教えた。また象殿の神が現われて告げられるには「これから一人の旅僧がここを訪れるので、その僧に会い、里人と話し合って、この地に観音の堂を建立しなさい」という。その通りに一人の僧が訪れたので、娘は始終を語りその旨を頼むと、僧は娘をつれて里へ出向き、人々にその話をじっくりと語って勧めると、その鬼女の一族および里人も力を合わせ、ただちに堂舎をととのえた。そして僧が持していた観音を本尊とし、また十王の像を作り鬼女の菩提を弔ったという霊地である。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved