恋ヶ窪の遊女
 当山は越の泰澄が毘盧遮那仏の勅によって、加賀の白山をこの地に勧請した。本尊は、天照大神の作といい伝えられているのを誹る者もいたが、毘盧遮那は日輪でいらっしゃるので、根拠がないわけではない。
 昔、恋が窪の遊女が口中の病にかかって様々な良薬を用いたが、いっこうに良くならなかった。秩父の僧という者が日々修行に来ており、たびたびこの僧に施しをしていたところ、僧は一本の楊枝を遊女に与えて、「白山の観音を信じてこの楊枝を用いれば、口中の病はすぐに治ります」と教えた。そこで遊女は、喜んで客人の送り迎えにも忘れることなく信心して、この楊枝をもって口中をそそいだところ、すぐに治った。それゆえ今も当寺より夢想の楊枝を出せば、これを授かって利益を蒙る者は少なくない。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved